鬱病の症状と治療法について知る|心の病気を治すために

睡眠に影響が発生する

頭を抱える女性

鬱病になってしまうと、睡眠に影響が発生し身体の調子を崩してしまう恐れがあります。日常生活に悪影響を及ぼしてしまう前に早めに対策をしておくことが重要なポイントといえるでしょう。

もっと見る

自分に自信がなくなる

ハート

鬱病になると自殺への執着が高まるといわれています。自分への自信のなさが引き金となるので、そのようなストレスを緩和するためのケアが重要になってくるといえるでしょう。

もっと見る

理解を得る

男性

心の病というのは数多く存在し、その中でも代表的な存在として「鬱病」が挙げられます。鬱病は心のバランスが崩れ、幸せを感じられなくなってしまう病気です。数多くの人は、この病気に対して本人の甘えや性格の問題だと考える人もいます。しかし、鬱病というのは原因もある程度わかっており、治療することのできる病気なのです。ストレス社会と呼ばれる現代において、鬱病に対する理解というのは特に重要なものとなってきました。ここでは、鬱病がどういった病気なのか、詳しく知っていきましょう。まずは、その症状についてです。

鬱病を発症すると、突然悲しくなったり意気消沈したりしてしまいます。また、今まで取り組んできた趣味、その他の全てのことに対する興味・関心が薄れていくのです。その他にも、食欲不振(または過食)、睡眠障害、倦怠感、自責、集中力の低下、自殺念慮といった症状が現れます。それらの症状の内、5つ以上が日常的に行動として発生しており、その状態が2週間以上毎日続く場合、鬱病だと判断されるのです。この病気の主な原因というのは、環境的要因及び身体的要因により発生するストレスが原因だと言われています。しかし、はっきりとした原因というのは、未だ解明されていません。有力な線としては、脳内にて分泌される「セロトニン」や「ノルアドレナリン」等の神経伝達物質の分泌異常が原因という説が挙げられます。特に、セロトニンは幸せを感じるために必要な神経伝達物質で、この物質が正常に分泌されなくなると幸せを感じられなくなります。いずれにしても、ストレスによって脳機能が低下することにより、それが引き起こされるのです。

精神科や心療内科では、鬱病の治療を行なっています。その治療方法というのは、充分な心身の休養及び投薬治療、カウンセリング等です。いずれの治療に関しても、経過を観察しながら適切に組み合わせつつ、治療を進めていきます。ただ、治療を進める際には、何がストレスとなっているのか明確にすることが大切になります。ストレスの原因が分かれば、そのストレスを取り除くことによって症状を和らげることができるでしょう。しかし、無理に原因を聞きだすのは良い方法ではありません。精神科や心療内科ではまず、患者との信頼関係を気付いた上でゆっくりと無理なくストレスの原因を探り、少しずつ治療していきます。その時には、患者の家族の理解と協力が重要な要素となるのです。

自律神経が乱れてしまう

レディ

鬱病は自律神経に影響するといわれており、その影響で身体の様々な部位で痛みを起こす可能性があります。ストレスや身体の不調を感じるという場合は専門の医師へ相談しておくことが大切でしょう。

もっと見る